芸能人・経営者のおくやみ情報

石井恭二 氏

現代思潮社元社主[日本]

2011年 11月29日 死去乳頭部がん享年83歳

石井 恭二氏(いしい・きょうじ=現代思潮社元社主)11月29日午後11時36分、乳頭部がんのため東京都三鷹市の病院で死去、83歳。東京都出身。葬儀は2日正午から台東区東上野6の18の4の長泉寺で。喪主は妻満由美(まゆみ)さん。 57年、現代思潮社(現・現代思潮新社)を創業。59年に刊行したマルキ・ド・サドの「悪徳の栄え」が、わいせつ文書として発禁処分を受け、訳者の渋沢龍彦と共に最高裁で有罪判決が確定した。著書に注釈・現代訳「正法眼蔵」など。(2011/12/01-15:14)

1928年生まれ。現代思潮社・元社主。1957年に現代思潮社を創業し、出版を通ずる思想運動によって全世界に充満した進歩主義インテリゲンチャを弾劾。60年代にサド裁判を闘った伝説的出版人。 サド、フーリエ、ロートレアモン、ブルトン、トロツキー、バタイユ、ブランショ、デリダなど多数の西欧近現代思想・哲学を時代に先駆けて紹介し、さらに埴谷雄高、渋沢龍彦などの著作や日本古典群の刊行によって一時代を画した。 1996年に現代思潮社を退く。以後、著作に専念。 (引用元 Hatena Keyword)

「石井恭二」と関連する人物(故人)