芸能人・経営者のおくやみ情報

ダン・ウェルドン 氏

レーシングドライバー[イギリス]

2011年 10月16日 死去レース中の事故享年33歳

ダン・ウェルドン - ウィキペディアより引用

ダニエル・クライヴ・ウェルドン(Daniel Clive "Dan" Wheldon, 1978年6月22日 - 2011年10月16日)は、イングランドのバッキンガムシャー出身のイギリス人レーシングドライバー。
2005年のインディカー・シリーズのチャンピオンで、同年、および2011年のインディ500勝者。
初期の経歴 ウェルドンは4歳のときに父親の資金でカートを始めた。
学業年齢の間にレースでの成績を上げていった。
イギリス一般中等教育を終了する16歳までベッドフォードスクール(en:Bedford School)に在籍した。
フォーミュラカーレースのキャリア初期にウェルドンはジェンソン・バトンと争ったが、ウェルドンはアメリカに移住した。
これはイギリスでキャリアを進めるにはウェルドンの家庭では充分な資金が供給できなかったからである。
1999年にアメリカに移ると、ウェルドンはアメリカのフォード・フォーミュラ2000、トヨタ・アトランティックシリーズ、インディ・ライツなどの下級フォーミュラカーレースに参戦した。

カーレーサー。IRLに参戦中。 アンドレッティ・グリーン・レーシング所属。 1978年6月22日生まれ。イギリス・エンバートン市出身。4歳からカートを始める。 1999年USフォーミュラ優勝。 2002年、ホンダのIRL参戦にあたり、ホンダエンジンのシェイクダウンを担当。 2003年、マイケル・アンドレッティの引退後にシートを譲り受ける形で参戦を開始するはずだったが、ダリオ・フランキッティの負傷で急きょ第3戦Indy Japan300から参戦、ボンバルディエ・ルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞。 2004年、2度目のIndy Japanで初優勝。ホンダのホームコース初優勝をもたらした。その後も2勝を挙げ、総合ランキングも2位でシーズンを終えた。 2005年、Indy Japan連覇を達成。Indy500も初制覇。これらが勢いに繋がり総合優勝も決めた。 翌年からチップ・ガナッシ・レーシング?に移籍したがAGR時代ほどの活躍はできず、2008年にパンサー・レーシング?へ移籍。 2011年はAGR時代の同僚・ブライアン・ハータのチームで翌年採用予定のシャーシ開発に努める一方、スポット参戦ながらIndy500優勝を成し遂げたが、10月17日の最終戦ラスベガスで起きた多重クラッシュに巻き込まれ、搬送先の病院で死亡が確認された。享年33。 彼を悼み、2012年から導入されるダラーラ製シャーシはDW12と命名された。 (引用元 Hatena Keyword)