訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

グレース・ケリー 氏Grace Patricia Kelly

女優、モナコ大公レーニエ3世の妃[アメリカ→モナコ]

1982年 9月14日 死去交通事故享年54歳

グレース・ケリー - ウィキペディアより引用
グレース・パトリシア・ケリー(Grace Patricia Kelly、1929年11月12日 - 1982年9月14日)は、モナコ大公レーニエ3世妃、アメリカ合衆国の女優。
同時代の女優マリリン・モンローの明るさとセクシーさを前面に出した美貌とは対照的な、気品に満ちたそれが「クール・ビューティー」(cool beauty)と賛美された。
人気絶頂の最中、ヨーロッパの君主と結婚し女優業から引退した。
生涯 生い立ち 1929年、ペンシルベニア州フィラデルフィアのアイルランド系カトリックの裕福な家に生まれた。
父ジョン・ブレンダン・ケリー(John B. Kelly, Sr.)はスラム育ちの煉瓦職人であったが、上流階級の競技であるボート競技で頭角を現し、ボート関係者の嫌がらせにもめげず、オリンピックボート競技において1920年のアントワープオリンピックで2個の金メダルを獲得し一躍国民的英雄になった。

「グレース・ケリー」と関連する人物(故人)