芸能人・経営者のおくやみ情報

杉浦直樹 氏

俳優[日本]

(「父の詫び状」などに出演)

2011年 9月21日 死去肺腺がん享年79歳

杉浦 直樹(すぎうら なおき、1931年12月8日 - 2011年9月21日)は、日本の俳優。
愛知県岡崎市出身。
フリーランス。
血液型はB型 来歴・人物 愛知県立岡崎高等学校卒業(高2回生)。
日本大学芸術学部中退。
在学中に、西村晃、岡田英次ら所属していた新協劇団の研究生に。
1950年に内田良平、小松方正らとともに新演劇研究所を設立し主に舞台演劇で活躍。
従兄弟は数学者で東京大学名誉教授の杉浦光夫。
映画では、1957年の石原裕次郎主演の『俺は待ってるぜ』でデビュー。
続いて、1958年に石原裕次郎、小林旭、宍戸錠出演の『錆びたナイフ』で印象的な敵役を演じ、注目を集める。
1958年に松竹に入社しにんじんくらぶに所属、二枚目役にも挑戦し活動範囲を広げる。
1962年には松竹を退社し、1965年のにんじんくらぶ分裂後は、劇団欅の結成に参加した後、フリーとなった。
この間、1963年頃、神戸市生田区のキャバレー「新世紀」前の路上で泥酔し、パトロール中の兵庫県警生田署員に発見され、職務質問を受けるとこれに殴りかかり、連行された生田派出所内で暴れてガラスを割り、トラ箱で一夜を過ごしたことがある。

ドラマ「父の詫び状」などで知られ、深みのある演技で活躍した俳優の杉浦直樹(すぎうら・なおき)さんが21日午後7時23分、肺腺がんのため自宅で死去した。79歳だった。愛知県出身。葬儀は親族のみで行う。喪主は妻仁美(ひとみ)さん。 日大芸術学部中退。新演劇研究所の舞台で活躍後、「俺は待ってるぜ」で映画デビュー。「錆びたナイフ」の敵役で注目された。その後はテレビドラマに数多く出演、向田邦子さん脚本の「あ・うん」、山田太一さん作の「岸辺のアルバム」など数々の名作ドラマで印象に残る夫や父を好演した。舞台「あ・うん」で2002年、菊田一夫演劇賞受賞。  06年9月に脳梗塞を発症し、自宅で療養していた。今年7月中旬に体調を崩し入院、肺にがんが見つかったが、今月1日に本人の希望で退院していたという。(2011/09/23-13:21)

【すぎうらなおき】 俳優。愛知県岡崎市出身。愛知県立岡崎高校卒業。日本大学芸術学部中退。在学中に新協劇団の研究生となり舞台俳優をめざす。1957年,日活《俺は待ってるぜ》(石原裕次郎主演)で映画デビュー。58年松竹入社。62年,岸恵子らの〈にんじんくらぶ〉に参加,〈にんじんくらぶ〉解散ののち福田恆存主宰の現代演劇協会・劇団欅に所属するが,間もなくフリーとなり,以後は主としてTVドラマを中心に活動した。1977年のTBS《岸辺のアルバム》(山田太一脚本)や1980年のNHK《あ・うん》(向田邦子脚本)のすぐれた演技で俳優としての評価を不動のものとした。他の代表作に《父の詫び状》(向田邦子脚本,1986年NHK),《今朝の秋》(山田太一脚本,1987年NHK)など。 (引用元 コトバンク)