芸能人・経営者のおくやみ情報

真田雅則 氏

サッカーJ1清水GKコーチ[日本]

(Jリーグ創設期からキーパーとして活躍)

2011年 9月6日 死去急性心不全享年43歳

真田 雅則(さなだ まさのり、1968年3月6日 - 2011年9月6日)は、日本の元サッカー選手・サッカー指導者。
選手時代のポジションはゴールキーパー。
JFA公認A級指導者ライセンス所持。
静岡県清水市(現・静岡市清水区)出身。
本名は眞田 雅則。
清水商業高等学校(3年時の主将は江尻篤彦)や順天堂大学時代には全国制覇を経験。
甘いマスクで当時から女性に人気があった。
若い年代のカテゴリーから日本代表に選出され、1988年からは国際Cマッチ5試合に出場した。
1990年に全日空に加入、1992年に地元である清水市(静岡市清水区)に新規発足したJリーグクラブの清水エスパルスに移籍し、Jリーグ創成期から正ゴールキーパーとして活躍した。
1993年には立て続けにミスを犯し、一時期シジマールにポジションを奪われたものの、後にレギュラーの座を取り戻し、その後12年間でリーグ戦243試合に出場した。
2004年シーズン限りで現役を引退。
同年の最終節に途中出場予定だったが、結局出場することはなかった。
2005年からは指導者となり、清水エスパルスユースのGKコーチに就任。

元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはゴールキーパー。 1968年3月6日生まれ、2011年9月6日逝去。静岡県出身。 1995年11月から2000年6月まで、公式戦203試合連続フル出場というとんでもない記録を持つ。1999年シーズンにはJリーグ ベストイレブンを受賞した。 2004年シーズンをもって現役引退。指導者(GKコーチ)に転向した。 2011年9月6日、急性心不全により急逝。享年43。 (引用元 Hatena Keyword)