芸能人・経営者のおくやみ情報

鍋島勝茂(なべしまかつしげ)

戦国武将、肥前佐賀藩初代藩主[日本]

(明暦3年3月24日没)

1657年 5月7日 死去享年78歳

鍋島勝茂 - ウィキペディアより引用
鍋島 勝茂(なべしま かつしげ)は、安土桃山時代の武将。
江戸時代前期の外様大名で、肥前佐賀藩の初代藩主。
生涯 豊臣政権下から関ヶ原 天正8年(1580年)10月28日、龍造寺隆信の重臣であった鍋島直茂の長男として、石井生札の屋敷で生まれる。
母は石井常延の次女・彦鶴姫。
一時期、龍造寺隆信の次男・江上家種の養子になったこともある。
天正17年(1589年)、豊臣秀吉より豊臣姓を下賜された。
慶長2年(1597年)からの慶長の役では父と共に渡海し、蔚山城の戦いで武功を挙げた。
慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは西軍に与し、伏見城攻めに参加した後、伊勢安濃津城攻めに参加するなど、西軍主力のひとりとして行動した。
しかし、父・直茂の急使により、すぐに東軍に寝返り、立花宗茂の柳川城、小早川秀包の久留米城を攻撃した。
関ヶ原本戦には参加せず、西軍が敗退した後に黒田長政の仲裁で徳川家康にいち早く謝罪し、また、先の戦功により、本領安堵を認められた。