芸能人・経営者のおくやみ情報

平光清 氏

プロ野球元セ・リーグ審判部副部長[日本]

2011年 8月9日 死去肺がん享年73歳

平光 清(ひらこう きよし、1938年7月15日 - 2011年8月9日)は、東京都大田区出身の元プロ野球審判員、野球解説者。
大学野球、プロ野球選手経験は無い。
通称「先生」「審判先生」。
慶應義塾高等学校、慶應義塾大学(野球部のマネージャーを務め、「早慶六連戦」の時は4年生マネージャーでもある)を経て、1961年に日本通運へ入社。
同社に勤務する傍ら、東京六大学野球連盟などで審判を務めていた。
1965年にセントラル・リーグの審判に採用され、同年4月10日の開幕試合、大洋ホエールズ対国鉄スワローズ戦(川崎球場)に右翼外審として一軍デビューし、4月13日の国鉄対広島カープ戦(明治神宮野球場)では早くも球審を務めるなど1年目からセ・リーグの主力審判として活躍した。
1968年には審判員交流制度によりパシフィック・リーグの審判を務め、1992年に退職するまで通算で3060試合に出場した。
以下の試合で球審を務めた。
1967年10月10日、巨人対広島戦(後楽園球場) ― 巨人の堀内恒夫投手がノーヒットノーランを記録し、かつ自ら3本塁打を打った試合 1974年10月14日、巨人対中日ドラゴンズ・ダブルヘッダー第2試合(後楽園球場) ― 長嶋茂雄の引退試合。

平光 清氏(ひらこう・きよし=プロ野球元セ・リーグ審判部副部長)9日午後7時47分、肺がんのため東京都内の病院で死去、73歳。東京都出身。故人の希望により葬儀は近親者で済ませた。 日本シリーズに5度、オールスターゲームに7度、歴代14位の通算3061試合に出場。球審を務めた1974年7月9日の大洋(現横浜)−巨人戦(川崎球場)でファウルか死球かの判定をめぐり、当時の川上哲治巨人監督に生涯唯一の退場処分を宣告したことで知られる。 (2011/08/16-17:49)

野球解説者、元プロ野球審判員。審判袖番号は23。 1938年7月15日生まれ。2011年8月9日、死去。73歳だった。 東京都出身。 慶應義塾高校、慶應義塾大学を経て、1961年に日本通運へ入社。 東京六大学野球などで審判を務める。大学以降の選手経験は無い。 慶大在学中の1959年には、21歳にして高校野球福島県大会の審判長を務めていた。 1965年、セントラル・リーグの審判員に採用される。 1981年からインサイドプロテクターを取り入れ、片膝を地面につく「ニースタンス」であった。 また、読売ジャイアンツの川上哲治監督を退場させた唯一の審判員でもある。 1992年、シーズン後に退職。 通算3061試合出場。オールスターゲーム7回、日本シリーズ5回出場。 甲子園の高校野球・大学野球・都市対抗野球・プロ野球の4カテゴリーで審判を経験した唯一の審判である。 その後はニッポン放送の野球解説者を務め、現在は野球教室での指導をしている。 プロ野球マスターズリーグの審判員も務める。 2006年には、サントリー「ゲータレード」のCMに出演している。 (引用元 Hatena Keyword)

「平光清」と関連する人物(故人)