芸能人・経営者のおくやみ情報

河野昭修 氏

プロ野球選手[日本]

(西鉄の内野手で活躍)

2011年 8月8日 死去腎不全享年80歳

河野 昭修(こうの あきのぶ、1930年8月22日 - 2011年8月8日)は、福岡県出身のプロ野球選手(内野手)。
来歴・人物 福岡県立修猷館高等学校から早稲田大学を経て、西日本鉄道入社。
ノンプロ・西日本鉄道野球部に所属。
1950年西鉄ライオンズに入団。
三原脩監督率いる西鉄は一番から高倉照幸・豊田泰光・中西太・大下弘・関口清治・河野・仰木彬・和田博美と続く「流線型打線」を形成し、稲尾和久が入団した1956年からはリーグ3連覇。
日本シリーズでは巨人と3度戦い、3年連続日本一を達成するという黄金時代を築き上げ、現在でも語られるほどの伝説的な強さを誇った。
1959年現役引退。
コーチに就任し、1970年まで務めた。
現役時代のポジションは内野手だった。
はじめは三塁手で、中西の入団後、遊撃手にコンバートされた。
しかし豊田の入団で二塁手にコンバートされた。
さらに仰木彬の入団で、一塁手へ転向した。
一塁の守備は、非常に上手く、どのような送球でも捕ったことから、「蝿取紙」のニックネームがついた。

河野 昭修氏(こうの・あきのぶ=元プロ野球西鉄内野手)8日午後1時45分、腎不全のため福岡市の病院で死去、80歳。福岡市出身。葬儀は11日午前11時から同市中央区古小烏町70の1の積善社福岡斎場で。喪主は妻鈴子(すずこ)さん。 福岡・修猷館高から早大に進学したが中退。50年、西鉄に入団し56〜58年の日本シリーズ3連覇に貢献。一塁手としての好守も高く評価された。今年3月に脳出血で倒れ入院していた。 (2011/08/09-17:36)

プロ野球、西鉄ライオンズの選手。通称「蝿取紙*1」。 右投右打、ポジションは一塁手。背番号は31→9番。 1930年8月22日生まれ。福岡県出身。 修猷館高校から早稲田大学に進学するも、中退し西日本鉄道に入社。 1951年、西鉄ライオンズにテスト入団。 1954年、一軍に定着。13本塁打、41打点を挙げる。 福岡出身、野武士軍団の中では唯一の「博多っ子」として人気を博した。 その後も一塁手として、ライオンズの黄金時代に大きく貢献。 1959年、現役引退。 1960年、西鉄ライオンズのコーチに就任。 1969年、退団。 退団後はFBS福岡放送の野球解説者を務める。 現在は福岡市に在住。 *1:好守で鳴らし、一塁への捕球が上手な姿より命名。 (引用元 Hatena Keyword)

「河野昭修」と関連する人物(故人)