芸能人・経営者のおくやみ情報

町田章 氏

前奈良文化財研究所長[日本]

2011年 7月31日 死去肺がん享年72歳

町田 章(まちだ あきら、1939年2月5日 - 2011年7月31日)は、考古学者(中国考古学)、独立行政法人文化財研究所理事長。
前奈良国立文化財研究所所長。
香川県善通寺市生まれ。
1962年に関西大学文学部を卒業した後に立命館大学大学院に進み、東洋思想専攻修士課程を学ぶ。
1964年に大学院を修了後、奈良国立文化財研究所に入所し、数々の遺跡発掘調査に携わった。
特に1988年に長屋王家木簡を発掘したことが知られる。
日本考古学協会、日本考古学会、考古学研究会に所属した。
また奈良国立文化財研究所の平城宮跡発掘調査部長や文化庁文化財鑑査官などの要職を歴任した。
2009年に瑞宝中綬章を受章。
2011年7月31日、肺がんのため奈良市の自宅で死去。
72歳没。
主な著書・共著 「平城京」 「古代東アジアの装飾墓」 「国分寺の研究」 脚注 ==。

町田 章氏(まちだ・あきら=前奈良文化財研究所長)7月31日午後7時37分、肺がんのため奈良市百楽園2の1の5の自宅で死去。72歳。香川県出身。葬儀は3日午前11時から奈良市富雄北1の7の7の公益社富雄会館で。喪主は妻正子(まさこ)さん。 88年、大量の木簡が発見され話題を集めた長屋王家跡地の発掘調査に、奈良国立文化財研究所(当時、現奈良文化財研究所)の平城宮跡発掘調査部長として関わり、99年4月から05年3月まで同研究所長を務めた。(2011/08/01-16:21)

まちだ-あきら 1939-2011昭和後期-平成時代の考古学者。昭和14年2月5日生まれ。関西大卒業後,立命館大大学院修士課程を修了し,昭和39年奈良国立文化財研究所に入所。56年同研究所集落遺跡研究室長,61年平城宮跡発掘調査部長。のち,文化庁文化財鑑査官をへて,平成11年奈良国立文化財研究所所長。13年独立行政法人文化財研究所理事・奈良文化財研究所所長,16年文化財研究所理事長。長年にわたり平城宮跡,長屋王邸跡の発掘・研究につくした。平成23年7月31日死去。72歳。香川県出身。 (引用元 コトバンク)

「町田章」と関連する人物(故人)