訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

森祐喜 氏

元石川県議議員、森喜朗元首相の長男[日本]

2011年 7月25日 死去多臓器不全享年46歳

森祐喜 - ウィキペディアより引用
森 祐喜(もり ゆうき、1964年10月15日 - 2011年7月25日)は、日本の政治家。
社団法人小松青年会議所理事長(第44代)、石川県議会議員(2期)、石川県議会建設委員長(初代)などを歴任した。
玉川学園高等部卒業、東海大学教養学部中退。
生い立ち 1964年、衆議院議員今松治郎の秘書である森喜朗の長男として生まれた。
曾祖父の森喜平は石川県能美郡根上町の初代町長を務め、のちに祖父の森茂喜も町長に就任するなど、生家である森家は石川県能美郡根上町の名家であった。
また、父の喜朗も、今松の秘書を経て1969年12月の第32回衆議院議員総選挙にて石川県第1区から立候補し初当選を果たすなど、祐喜にとって政治は幼い頃から身近な存在であった。
青年期 東京都町田市にて学校法人玉川学園が運営する玉川学園高等部に在籍し、同高等部を卒業した。
大学進学時成績不良で玉川大学に内部進学出来ずに、その後、東海大学教養学部に入学するも講義について行けずに中退した。

森 祐喜氏(もり・ゆうき=森喜朗元首相の長男)25日死去、46歳。石川県出身。自宅は同県能美市下ノ江町申27の1。葬儀は近親者のみで行い、後日お別れの会を開く。 2006年3月、石川県議に初当選。2期目途中の10年8月、酒気帯び運転で事故を起こし、県議を辞職した。 (2011/07/27-12:16)

↑ PAGE TOP