芸能人・経営者のおくやみ情報

阿部典史 氏(あべのりふみ)

オートバイレーサー[日本]

2007年 10月7日 死去交通事故享年33歳

阿部典史 - ウィキペディアより引用

阿部 典史(あべ のりふみ、1975年9月7日 - 2007年10月7日)は、東京都世田谷区出身のモーターサイクル・ロードレースレーサー。
ニックネームはノリックで、エントリーネームを「Norick Abe(ノリック・アベ)」としていた。
東京都世田谷区出身。
父はオートレース選手の阿部光雄。
5歳からバイクに乗り、ポケバイ、ミニバイクレースを経験した。
15歳で渡米しダートトラック、モトクロスの修行をする。
全日本ロードレース選手権フル参戦一年目の1993年に最高峰クラスの500ccクラスにおいて、史上最年少の18歳でチャンピオン、そして500ccクラス最後のチャンピオンとなった。
1994年にはロードレース世界選手権(WGP)日本GPでケビン・シュワンツ、マイケル・ドゥーハン等と苛烈なトップ争いを繰り広げながらも残り3周で転倒リタイアしてしまうという、センセーショナルなデビューを飾る。

愛称はノリック。父親は、オートレーサーの阿部光雄?。 5歳からバイクに乗り始め、ポケバイ、ミニバイクレースとステップアップ。1991年、15歳で渡米し、約6ヶ月ダートトラック/モトクロスレースで修行。帰国後、本格的にロードレースを開始する。2年後の1993年には全日本ロードレース選手権500ccクラスにチームブルーフォックスからエントリーし、初戦の鈴鹿で2位に入賞すると、その年に史上最年少チャンピオンを獲得。なお、全日本ロードレース選手権の500ccクラスはその年で廃止されたため、最後の全日本500ccチャンピオンとなった。 1994年に日本GPにスポット参戦し、ケビン・シュワンツなどとトップ争いを繰り広げるが、残り3周の1コーナーでクラッシュ。その活躍が認められて、その年の後半より、ヤマハから二輪レースの世界最高峰・ロードレース世界選手権(500cc、MotoGP)に参戦、現在に至る。 2002、2003年 MotoGPチャンピオンであるヴァレンティーノ・ロッシが125ccクラス参戦時代にノリックに憧れて「ろっしふみ・ROSSIFUMI」と名乗ったりステッカーを貼っていたりしたのは有名な逸話。(https://shopping.express.jp/moto/satoh/satoh_006.phtml)  96年日本GPで劇的勝利を飾った阿部典史に憧れ髪を伸ばしノリフミとロッシを合体させたニックネームを考案し「ろっしふみ」と自分で命名してマシンにステッカーを貼る。 2007-10-07 18時30分頃、神奈川県川崎市川崎区大島1丁目の市道において二車線道路の右車線をオートバイで走行中、トラックと衝突した。直ちに川崎市内の病院へ搬送されたが、事故から2時間後に死去した。享年32。 (引用元 Hatena Keyword)