芸能人・経営者のおくやみ情報

松浦総三 氏

評論家[日本]

2011年 7月6日 死去結腸がん享年96歳

松浦 総三氏(まつうら・そうぞう、本名総蔵=そうぞう=評論家)6日午前1時50分、結腸がんのため東京都東大和市の病院で死去、96歳。甲府市出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は長男洋(ひろし)氏。 著書に「占領下の言論弾圧」「天皇とマスコミ」など。早乙女勝元氏らとまとめた「東京大空襲・戦災誌」で菊池寛賞。 (2011/07/22-20:49)

まつうら-そうぞう 1914-2011昭和後期-平成時代のジャーナリスト。大正3年11月25日生まれ。改造社の編集者などをへて,昭和30年からフリー。45年早乙女勝元らと「東京空襲を記録する会」を組織し,事務局長。「東京大空襲・戦災誌」を刊行し,50年菊池寛賞。GHQによる言論弾圧史の研究,天皇制批判など,反権力の立場で社会批評を展開した。平成23年7月6日死去。96歳。山梨県出身。中央大中退。本名は総蔵。著作に「占領下の言論弾圧」など。 (引用元 コトバンク)

「松浦総三」と関連する人物(故人)