芸能人・経営者のおくやみ情報

原田芳雄 氏(はらだよしお)

俳優[日本]

(「竜馬暗殺」「ツィゴイネルワイゼン」など)

2011年 7月19日 死去享年71歳

原田 芳雄(はらだ よしお、1940年(昭和15年)2月29日 - 2011年(平成23年)7月19日)は、日本の俳優。
東京府東京市足立区(現:東京都足立区)出身。
ギルドB所属。
紫綬褒章はじめ、俳優として各種表彰受賞。
息子はギタリスト・原田喧太。
娘は女優・原田麻由。
本所工業高校を経て俳優座養成所(15期)を卒業。
同期には夏八木勲、栗原小巻、竜崎勝、前田吟、林隆三、地井武男、高橋長英、秋野太作、浜畑賢吉、赤座美代子、太地喜和子、小野武彦、村井国夫、柴田侊彦、溝口舜亮などがおり、後年「花の15期生」と呼ばれた。
月謝滞納で大手ホテルで花屋のバイトもしていたこともあり、長嶋茂雄の結婚披露宴の飾りつけを行っている。
俳優座準座員を経て座員となる。
1967年に『天下の青年』(フジテレビ)でデビューし、翌1968年には松竹映画『復讐の歌が聞える』で銀幕デビューを果たす。
デビュー当時こそ純朴な青年風なキャラクターだったが、その後浅黒いワイルドなアウトロー風キャラへと大々的なイメージチェンジを図り、その風貌を印象づけていった。

野性的な魅力で映画やドラマで活躍した俳優の原田芳雄(はらだ・よしお)さんが19日午前9時35分、肺炎のため死去した。71歳だった。東京都出身。葬儀は22日正午から東京都港区南青山2の33の20の東京都青山葬儀所で。喪主は長男でミュージシャンの喧太(けんた)氏。 高校卒業後、会社勤務を経て俳優座に。1968年の「復讐の歌が聞こえる」で映画デビューした。精悍(せいかん)な容貌を生かして、はぐれ者やアウトロー的な役柄で魅力を発揮。「八月の濡れた砂」「竜馬暗殺」「祭りの準備」などの作品に出演し、70年代の日本映画を代表するスターの一人となった。 80年代以降も「ツィゴイネルワイゼン」「どついたるねん」「浪人街」「父と暮せば」など、メジャー、マイナーを問わず数々の問題作、話題作に出演。主役から脇役までをこなす個性派俳優としての地位を確立した。晩年は温厚な父親役や老人役なども演じ、演技の幅を広げた。 他の出演作に映画「柳生一族の陰謀」「原子力戦争」「われに撃つ用意あり」「奇跡」、テレビドラマ「冬物語」「美味しんぼ」「義経」「高校生レストラン」など。 16日から公開中の主演作「大鹿村騒動記」の完成後、腸閉塞と誤嚥(ごえん)性肺炎を併発して入院。11日の完成披露試写会に出席したのが、公の場に姿を見せた最後となった。(2011/07/19-21:38)

はらだ-よしお 1941-2011昭和後期-平成時代の俳優。昭和16年2月28日生まれ。昭和41年俳優座にはいり,43年松竹の「復讐の歌が聞える」で映画デビュー。「反逆のメロディー」などで無頼の青春を演じ,50年「田園に死す」「祭りの準備」でブルーリボンなどの助演男優賞。作品はほかに「ツィゴイネルワイゼン」「陽炎(かげろう)座」「父と暮せば」「ニワトリはハダシだ」など。平成23年7月19日死去。71歳。死後の24年「大鹿村騒動記」でキネマ旬報ベスト・テン主演男優賞,日本アカデミー賞最優秀主演男優賞。同年ブルーリボン賞特別賞も受賞。東京出身。本所工卒。 (引用元 コトバンク)