訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

エレーナ・ボンネル 氏

故アンドレイ・サハロフ博士の妻、人権活動家[ロシア]

2011年 6月18日 死去享年88歳

エレーナ・ゲオルギエヴナ・ボンネル(Елена Георгиевна Боннер、Yelena Georgievna Bonner、1923年2月15日 - 2011年6月18日)は、ソビエト連邦及びロシアの人権活動家。
アンドレイ・サハロフの妻。
1923年2月15日、トルクメニスタンのメルヴに生まれる。
継父ゲヴォルク・アリハノフ (Gevork Alikhanov) はアルメニア共産党のメンバーでコミンテルン書記。
母ルス・ボンネルはシベリア生まれのユダヤ系で共産党の活動家であった。
父ゲヴォルクは、1937年5月スターリンの大粛清によって逮捕され、翌1938年に処刑された。
母ルスは二人の子供を連れて母親のいるレニングラードに移るが、逮捕され8年間の重労働を課せられた。
エレーナは、レニングラードの高校卒業後、第二次世界大戦で看護婦に志願し従軍、この間二度に渡って負傷する。
1945年中尉で除隊する。
戦後、第一レニングラード医大(医学専門学校)に入学し、卒業後、小児科の学位を得る。
以後、小児科医、地域医療、執筆活動などに取り組む。
題名
娘たちと母たちと―サハロフ夫人回想録
著者
エレーナボンネル
発売元
読売新聞社
発売日
1991-12
新品価格
より
中古商品
¥ 5 より
題名
サハロフ博士と共に―ボンネル夫人回想録
著者
エレーナ・G.ボンネル
発売元
読売新聞社
発売日
1986-11
新品価格
より
中古商品
¥ 196 より

↑ PAGE TOP