芸能人・経営者のおくやみ情報

鈴木茂三郎 氏

政治家、第2代日本社会党委員長[日本]

1970年 5月7日 死去享年77歳

鈴木茂三郎 - ウィキペディアより引用

鈴木 茂三郎(すずき もさぶろう、1893年(明治26年)2月7日 - 1970年(昭和45年)5月7日)は、日本の政治家、第2代日本社会党委員長。
ジャーナリスト、エッセイストとしても知られた。
来歴・人物 生い立ち 愛知県蒲郡市出身。
鈴木家は旗本・竹本家の代官の家柄だったが、茂三郎の父の代にはすっかり零落しており、そのため幼少期の茂三郎は非常に苦学しながら中・高等教育を修め、旧制海城中学を経て1915年に早稲田大学政治経済学部を卒業した。
大学卒業後は、ジャーナリストとなり、『報知新聞』・『大正日日新聞』・『東京日日新聞』(現・『毎日新聞』)などの記者となり、主に経済部に所属して、経済ジャーナリストとして知られた。
1918年に特派員としてシベリアにわたるが、その際、シベリア出兵を企てる軍部の陰謀を目の当たりにしたことで、軍部に対する不信を強め、以後、一貫して戦争反対を主張していくことになる。

社会運動家、政治家、日本社会党委員長 1893年(明治26年)2月7日、生まれ。1970年(昭和45年)5月7日、死去。77歳だった。 愛知県出身。 早稲田大学卒業後、新聞記者をへて無産政党の結成にかかわる。 戦後、社会党の結成に参加する。 昭和21年、衆議院議員(当選9回)。 昭和26年、社会党委員長となり平和4原則をかかげる。社会党分裂後、左派社会党委員長。 昭和30年〜35年、統一社会党委員長。 (引用元 Hatena Keyword)