芸能人・経営者のおくやみ情報

龍造寺高房(りゅうぞうじたかふさ)

戦国大名[日本]

(慶長12年9月6日没)

1607年 10月26日 死去自害享年22歳

龍造寺高房 - ウィキペディアより引用

龍造寺 高房(りゅうぞうじ たかふさ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての大名。
肥前佐賀藩主。
龍造寺政家の四男。
生涯 天正14年(1586年)、龍造寺政家の四男として誕生する。
父・政家が病弱だったため、天正15年(1590年)にわずか5歳で家督を相続した。
しかし、肥前佐賀藩の実権は豊臣秀吉の承認の下、重臣の鍋島直茂とその子勝茂に握られた。
そのため、当時の佐賀藩は名を龍造寺氏が持ち、実を鍋島氏が握るという暫定的な二重統治体制となっていた。
龍造寺政家に、羽柴の名字と豊臣の本姓の両方が与えられたのに対し、鍋島直茂・勝茂には豊臣の本姓のみが与えられた。
のちに、高房にも羽柴名字が与えられた。
政家はじめ龍造寺一門は、肥前の支配権を龍造寺氏に戻すべく、高房の成人後に藩政を高房に戻す旨の請文を直茂に書かせるとともに、高房を直茂の養子にするなどの手を打ったが、逆に、朝鮮出兵や関ヶ原の戦いなどを通じて鍋島氏の肥前支配はより強固なものとなり、これらの措置の意味は実質的に失われていった。

日本の安土桃山時代から江戸時代初期にかけての大名。龍造寺政家の四男。 佐賀藩が鍋島氏に実権を握られて憤慨して失望したため自殺した(鍋島騒動)。 (引用元 Hatena Keyword)

「龍造寺高房」と関連する人物(故人)