芸能人・経営者のおくやみ情報

竹下登 氏(たけしたのぼる)

政治家、内閣総理大臣[日本]

2000年 6月19日 死去呼吸不全享年76歳

竹下登 - ウィキペディアより引用

竹下 登(たけした のぼる、1924年〈大正13年〉2月26日 - 2000年〈平成12年〉6月19日)は、日本の政治家。
位階は正二位。
勲等は大勲位。
島根県議会議員(2期)、衆議院議員(14期)、内閣官房長官(第35・38代)、建設大臣(第38代)、大蔵大臣(第84・86・87・90代)、内閣総理大臣(第74代)、自由民主党幹事長、自由民主党総裁(第12代)などを歴任した。
自由民主党の最大派閥であった経世会の創設者。
総理大臣としてはふるさと創生1億円、消費税導入などを行った。
リクルート事件により総辞職したが、その後も政界に甚大な影響力をほこった。
昭和最後の内閣総理大臣であり、平成改元の際の内閣総理大臣でもある。
来歴・人物 生い立ち 島根県飯石郡掛合村(現・雲南市)に父・竹下勇造、母・唯子の長男として生まれた。
竹下家は300年つづいた旧家で、江戸時代には庄屋を務め、幕末の1866年から代々造り酒屋を営んでいる。
登は竹下家12代当主である。
1941年(昭和16年)、旧制島根県立松江中学校を卒業する。

たけしたのぼる [生]1924.2.26.島根[没]2000.6.19.東京政治家。1947年早稲田大学卒業。中学教員を経て,1951年島根県議会議員。1958年衆議院議員。以後連続当選13回。その間,自由民主党青年局長,官房長官,建設大臣,党幹事長代理を歴任後,第1次・第2次中曽根康弘内閣の大蔵大臣。1985年田中角栄元首相の反対を押し切って創政会を結成。田中派の衆参両議員113人を結集して竹下派のリーダーとなり,1986年党幹事長に就任。安倍晋太郎,宮沢喜一らと党後継総裁を争い,1987年10月中曽根首相より総裁の指名を受け,同年11月第74代内閣総理大臣に就任。消費税導入と税制改革をはかったが,1989年6月リクルート事件にからむ疑惑で辞任。退陣後は党内最大派閥のリーダーとして宇野内閣と海部内閣の誕生に政治的影響力をもったが,1992年東京佐川急便事件が原因で竹下派は分裂した。2000年5月,病気を理由に政界からの引退を表明,6月に死去。 (引用元 コトバンク)