芸能人・経営者のおくやみ情報

佐藤栄作 氏(さとうえいさく)

政治家、内閣総理大臣、自由民主党総裁[日本]

1975年 6月3日 死去脳溢血享年74歳

佐藤栄作 - ウィキペディアより引用

佐藤 栄作(さとう えいさく、旧字体:榮作、1901年(明治34年)3月27日 - 1975年(昭和50年)6月3日)は、日本の鉄道官僚、政治家。
内閣官房長官(第4代)、衆議院議員(11期)、郵政大臣(第3代)、電気通信大臣(第3代)、建設大臣(第7代)、北海道開発庁長官(第4・21・22代)、大蔵大臣(第64代)、通商産業大臣(第22代)、科学技術庁長官(第12・13代)、内閣総理大臣(第61・62・63代)などを歴任した。
総理として日韓基本条約の批准や非核三原則の提唱、「核抜き本土なみ」の沖縄返還をなし遂げ、7年8か月の連続在任記録を持つ。
これは連続在任期間としては歴代最長である。
また、平和外交が評価されノーベル平和賞を受賞するも、死後に沖縄返還にあたりアメリカと有事の核持ち込みの密約があったことが明るみに出た。
東京帝国大学卒業後、鉄道省に勤務した。
鉄道総局の長官などを歴任し、運輸省の次官を最後に退官すると、非議員ながら第2次吉田内閣の内閣官房長官に任命された。

1901〜1975。政治家。第61〜63代の内閣総理大臣。アジア初のノーベル平和賞受賞者。 山口県生まれ。同じく戦後に首相を務めた岸信介は次兄(養子縁組で岸姓を名乗る)。 1924年に東大法学部を卒業後、鉄道省に入省。地元・門司駅での見習いに始まり、敗戦後の47年には運輸次官にまで昇りつめる。翌48年に退官し、民主自由党(50年に自由党と改称)に入党、同年10月には第二次吉田茂内閣の官房長官となり初入閣。翌年の衆院選で初当選し、党の政務調査会長、幹事長のほか、第三次・第四次の吉田内閣でそれぞれ郵政相(51年)、建設相(52年)を務める。二度目の幹事長時代に起き、政財界関係者が相次いで取り調べを受けた54年の造船疑獄事件では、逮捕は必至というところで犬養健法相の指揮権の発動により免れた。なおこの間、兄・岸信介が53年に政界に復帰してからは、生涯兄と同じ選挙区(山口2区)で選挙戦を戦うことになる。 55年の自由党と日本民主党の保守合同による自由民主党発足時には恩師・吉田茂に殉じて入党を拒否するも、吉田の政敵であった鳩山一郎(初代自民党総裁)の引退後の57年には自民党入り。第二次岸内閣で蔵相(58年)、第二次池田勇人内閣で通産相(61年)を務める。 64年7月の自民党総裁選では池田と争い敗北を喫したが、同年11月、池田の病気による引退のあとを受けて首相に就任。同内閣は72年7月まで三期、7年8ヶ月にわたって続くことになる。憲政史上最長の連続在任期間となる長期政権を維持できたのは、その巧みな人事管理も然ることながら、河野一郎や大野伴睦ら党内の政敵の相次ぐ死去・引退も理由にあ …… (引用元 Hatena Keyword)