芸能人・経営者のおくやみ情報

芦田均 氏(あしだひとし)

政治家、内閣総理大臣、日本民主党総裁[日本]

1959年 6月20日 死去悪性肉腫享年73歳

芦田均 - ウィキペディアより引用

芦田 均(あしだ ひとし、1887年(明治20年)11月15日 - 1959年(昭和34年)6月20日)は、日本の外交官、政治家。
位階は従二位。
勲等は勲一等。
学位は法学博士(東京帝国大学)。
衆議院議員(11期)、厚生大臣(第14代)、外務大臣(第76・77代)、副総理、内閣総理大臣(第47代)などを歴任した。
外交官を経て政界入りし、立憲政友会に所属して外務省とのパイプを務めた。
軍国主義が広まる議会においてリベラリストとして活動した。
戦後は鳩山一郎を中心とする日本自由党の結成において、指導的役割を果たした。
幣原内閣に入閣しながら、総選挙後の“居座り”に対して厳しく対応し、単独閣僚を辞任して内閣をして内閣総辞職に至らしめた。
第1次吉田内閣時代に、衆院憲法改正特別委員長として憲法9条が現在の形になるのに深く関与した。
1947年(昭和22年)には自由党を離党して民主党を創設しみずから総裁に就任した。
片山内閣成立にあたっては、これに反対する幣原喜重郎らを抑えて、日本社会党・民主党・国民協同党による3党連立内閣を実現させ、副総理格の外務大臣として入閣。

あしだひとし [生]1887.11.15.京都,福知山[没]1959.6.20.東京政治家,法学博士,外交史家。内閣総理大臣(首相。在任1948.3.~10.)。1912年東京帝国大学卒業後,外務省に入り,外交官補,大使館書記官,大使館参事官を歴任。1932年退官して立憲政友会から衆議院議員総選挙に立候補して当選。1933~40年ジャパン・タイムズ社長。第2次世界大戦後,日本自由党の結成に参加したが脱党。1947年民主党結成に参加し総裁となり,日本社会党と国民協同党との連立内閣,片山哲内閣では副総理および外務大臣を務めた。1948年には同じ3党連立で芦田内閣を組織し,修正資本主義,中道政治を標榜した。占領下(→対日占領)における労働運動の高まりに対し,政令201号を発してこれを抑えた。しかし同1948年10月,昭和電工事件に連座し内閣総辞職。のち党総裁の地位も退いた。 (引用元 コトバンク)