訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

小磯國昭 氏(こいそくにあき)

政治家、内閣総理大臣、朝鮮総督[日本]

1950年 11月3日 死去病死享年71歳

小磯國昭 - ウィキペディアより引用
小磯 國昭(こいそ くにあき、1880年(明治13年)3月22日 - 1950年(昭和25年)11月3日)は、日本の陸軍軍人、政治家。
階級は陸軍大将。
位階は従二位。
勲等は勲一等。
功級は功二級。
陸軍次官、関東軍参謀長、朝鮮軍司令官を歴任後、予備役入りした。
その後拓務大臣(第15・17代)、朝鮮総督(第9代)を務め、太平洋戦争中にサイパン失陥を受け辞職した東條英機の後継として1944年に内閣総理大臣(第41代)に就任した。
悪化の一途をたどる戦局の挽回を果たせず、中華民国との単独和平交渉も頓挫し、小磯は1945年4月に辞任し鈴木貫太郎に後を譲った。
戦後はGHQにより戦犯容疑で起訴され東京裁判で終身刑の判決を受け服役中に死去した。
生涯 栃木県宇都宮に山形県士族(旧新庄藩士)で警察署警部であった小磯進の長男として生まれた。
山形県中学校、陸軍士官学校(12期)、陸軍大学校(22期)卒業。
小磯は陸大での成績が同期55人中33番であり、20番以下の成績の者で小磯ほど出世した者は他にはいない。
題名
さまざまな8・15 (コレクション 戦争×文学)
著者
中野重治ほか
発売元
集英社
発売日
2012-07-05
新品価格
¥ 3,888 より
中古商品
¥ 2,343 より

↑ PAGE TOP