芸能人・経営者のおくやみ情報

阿部信行 氏(あべのぶゆき)

政治家、内閣総理大臣陸軍大将、朝鮮総督[日本]

1953年 9月7日 死去享年79歳

阿部信行 - ウィキペディアより引用

阿部 信行(あべ のぶゆき、1875年(明治8年)11月24日 - 1953年(昭和28年)9月7日)は、日本の陸軍軍人、政治家。
階級は陸軍大将。
位階は正二位。
勲等は勲一等。
内閣総理大臣(第36代)、外務大臣(第60代)、翼賛政治会総裁(初代)、貴族院議員、朝鮮総督(第10代)などを歴任した。
石川県金沢市に旧金沢藩士の子としてうまれる。
東京府尋常中学校(のち東京府立一中)を経て、第四高等学校在学時に日清戦争があり、軍人志望に転換、四高を中退し、陸軍士官学校へ。
陸士9期生、陸軍大学校19期生。
1930年(昭和5年)12月22日に第4師団長となる。
1933年(昭和8年)、軍事参議官。
1936年(昭和11年)、二・二六事件後の粛軍の結果、陸軍大将を最後に予備役編入。
1939年(昭和14年)8月30日に内閣総理大臣に就任した。
当時の陸軍省軍務課長・有末精三が内閣成立に暗躍したともいわれる。
また同郷出身者で多くを構成する阿部内閣は「阿部一族」とも「石川内閣」とも呼ばれ、また、畑俊六、伍堂卓雄や塩野季彦派の宮城長五郎の入閣等から当時の読売新聞紙上では「一中内閣」と持て囃されもした。

あべのぶゆき [生]1875.11.24.石川[没]1953.9.7.東京陸軍軍人,政治家。陸軍士官学校,陸軍大学校卒業後,ドイツ,オーストリアに駐在。その後,参謀本部課長,参謀本部総務部長,軍務局長,陸軍次官,台湾軍司令官などを歴任,1933年大将に昇進,軍事参議官となった。退役後,39年8月30日,陸軍の支持を得て,平沼騏一郎内閣のあとをうけて首相となったが,おりからのインフレーションの悪化,貿易省設置案の失敗,官吏身分保障制撤廃案の失敗,日米通商航海条約継続交渉の失敗により,特にみるべきものがないまま,4ヵ月半で退陣した。その後翼賛政治会総裁を経て,44年7月,朝鮮総督となったが,まもなく終戦を迎えた。 (引用元 コトバンク)