芸能人・経営者のおくやみ情報

福田繁雄 氏

グラフィックデザイナー[日本]

2009年 1月11日 死去くも膜下出血享年77歳

福田 繁雄(ふくだ しげお、1932年2月4日 - 2009年1月11日)は、日本のグラフィックデザイナー。
単純化された形態とトリックアートを融合させたシニカルなデザインが特徴。
「日本のエッシャー」とも称される。
画家の福田美蘭は娘。
東京都出身。
母の郷里二戸市に疎開し、岩手県立福岡高等学校を経て東京芸術大学図案科卒業(1956年)。
広告デザインの道に入る。
1967年、日本万国博覧会の公式ポスターに入選して脚光を浴び、1975年にワルシャワ戦勝30周年記念国際ポスターコンクールのグランプリ作品『VICTORY』で世界的名声を得る。
1976年、芸術選奨新人賞受賞。
1981年、東京芸術大学助教授。
1997年、紫綬褒章受章。
東京国立近代美術館運営委員、日本グラフィックデザイナー協会会長、東京芸術大学美術館評議委員、金沢美術工芸大学客員教授、中国清華大学美術デザイン学術顧問、中国西北工業大学・四川大学客員教授など。

ふくだしげお [生]1932.2.4.東京,東京[没]2009.1.11.東京,三鷹グラフィック・デザイナー。1956年東京芸術大学美術学部図案科を卒業。会社員を経て1958年に独立。単純化された造形に錯視など視覚の生み出す遊びを楽しむような,機知とユーモアに富んだデザインを特徴とした。1970年開催の日本万国博覧会(大阪万博)公式ポスター,1975年にポーランドで開催された戦勝30周年記念国際ポスターコンクールで最高賞を受賞した『VICTORY』などのポスターやシンボルマーク,イラストレーションで知られるほか,1985年の国際科学技術博覧会(つくば科学博)「子供広場・さがし絵の森」や「UCC館」の展示,オブジェ,玩具,彫刻を手がけるなど,活動領域は幅広かった。2000年から日本グラフィックデザイナー協会会長。1972年ワルシャワ国際ポスタービエンナーレで金賞,1986年毎日芸術賞,1987年ニューヨーク・アートディレクターズクラブADCの「名誉の殿堂賞」など多くの賞に輝いた。1997年紫綬褒章を受章。『福田繁雄のからくりデザイン』(1986),『福田繁雄標本箱』(1987)などの著書がある。 (引用元 コトバンク)

「福田繁雄」と関連する人物(故人)