芸能人・経営者のおくやみ情報

ヘンリー・ヒュースケン

通訳[オランダ]

(幕末に江戸・芝で斬殺される、万延元年12月5日没)

1861年 1月15日 死去斬殺享年28歳

ヘンリー・ヒュースケン - ウィキペディアより引用

ヘンリー・コンラッド・ジョアンズ・ヒュースケン(英語: Henry Conrad Joannes Heusken, 1832年1月20日 - 1861年1月15日)は、日本の江戸時代後期に伊豆国下田の玉泉寺に設置された駐日アメリカ総領事館の通弁官(通訳)。
ヘンリー・ヒュースケンは英語名で、オランダ語名はヘンドリック・コンラット・ヨアンネス・フースケン(Hendrick Conrad Joannes Heusken)である。
生涯 アムステルダム生まれのオランダ人で、父は石鹸製造業者のヨアンネス・フランシスクス・フースケン、母はヨアンナ・スミットである。
後に家族とともにアメリカに渡り帰化する。
1856年(安政3年)に初代アメリカ総領事タウンゼント・ハリスに雇われて来日し、ハリスの秘書兼通訳を務めた。
1861年1月14日(万延元年12月4日)にプロイセン王国使節宿舎であった芝・赤羽接遇所(港区三田)からアメリカ公使館が置かれた善福寺への帰途、芝・薪河岸(東麻布)の中の橋の北側で攘夷派『浪士組』所属の薩摩藩士、伊牟田尚平・樋渡八兵衛らに襲われ、翌日死去した。

「ヘンリー・ヒュースケン」と関連する人物(故人)