芸能人・経営者のおくやみ情報

新田義貞(にったよしさだ)

御家人、武将[日本]

(建武5年閏7月2日没)

(ユリウス暦) 1338年 8月17日 死去討死享年歳

新田義貞 - ウィキペディアより引用

新田 義貞(にった よしさだ)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての御家人・武将。
正式な名は源 義貞(みなもと の よしさだ)。
河内源氏義国流新田氏本宗家の8代目棟梁。
父は新田朝氏、母は不詳(諸説あり、朝氏の項を参照)。
官位は正四位下、左近衛中将。
明治15年(1882年)8月7日贈正一位。
鎌倉末期から南北朝の混乱の時代にあって、足利氏と並び武家を統率する力のある家系であった新田家の当主で、足利尊氏の対抗馬であり、好敵手でもあった。
ただし、鎌倉時代後期の新田家は足利家に対して従属関係にあり、延元の乱以前の義貞は尊氏の指揮下の一部将であったとする研究もある。
また、軍記物語『太平記』においては、前半の主人公の一人とも言える存在である。
鎌倉幕府を攻撃して滅亡に追い込み、後醍醐天皇による建武新政樹立の立役者の一人となった。
しかし、建武新政樹立後、同じく倒幕の貢献者の一人である足利尊氏と対立し、尊氏が建武政権に反旗を翻すと、後醍醐天皇により事実上の官軍総大将に任命されてこれに対抗した。

  • 題名
    新田義貞
    歌手
    発売元
    日本クラウン
    発売日
    1991年2月21日
    新品価格
    ¥ 47,074 より
    中古商品
    より
  • 題名
    昭和の母/新田義貞
    歌手
    発売元
    Melody Records
    発売日
    2017年8月09日
    新品価格
    ¥ 1,234 より
    中古商品
    より
  • 題名
    NHK大河ドラマ「太平記」の音楽
    歌手
    T
    発売元
    ソニー・ミュージックレコーズ
    発売日
    1991年9月01日
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 4,890 より
  • 題名
    新田義貞
    歌手
    発売元
    日本クラウン
    発売日
    1991年2月21日
    新品価格
    より
    中古商品
    より

鎌倉時代末期から南北朝時代の武将。通称小太郎、官途は左中将。 1301年生まれ、1338年没。上野国新田荘(今の群馬県太田市)出身。 1333年に足利尊氏の京都六波羅攻略に呼応して挙兵。小手指原の戦い、分倍河原の戦いで北条方を撃破して鎌倉へ攻め込み、激戦の末に攻略。これにより北条高時以下は自害し、鎌倉幕府は滅亡する。 上洛した義貞は、後醍醐天皇の建武政権下において武者所頭人という要職に任じられ、また上野・越後・播磨の国司を兼任した。 1335年、建武の新政に不満を抱いて関東に居座った足利尊氏の追討を命ぜられて出陣。しかし関東目前の箱根・竹下の戦いに敗れて京に戻る。京都を中心とした畿内での戦いには勝利して、足利尊氏を九州に追い落としたが、足利方の赤松氏が籠る白旗城攻めに時間を費やし、その間に再起した尊氏に湊川の戦いで敗れた。 再び京都で足利方と戦うも戦況は芳しくなく、後醍醐天皇は和議を結んでしまう。行き場を失った義貞は、皇太子恒良親王を奉じて越前に下向して再起を図る。しかし国府は斯波高経に抑えられており、拠点のひとつ金ヶ崎城も高師泰らの攻撃で落城。恒良親王は捕らえられ、義貞の長男義顕は自害した。 その後、義貞は徐々に巻き返して斯波高経に対して攻勢に出るが、1338年越前灯明寺畷で戦死を遂げた。 (引用元 Hatena Keyword)