芸能人・経営者のおくやみ情報

光明天皇

北朝第2代天皇[日本]

(康暦2年6月24日崩御)

(ユリウス暦) 1380年 7月26日 死去享年歳

光明天皇 - ウィキペディアより引用

光明天皇(こうみょうてんのう、元亨元年12月23日(1322年1月11日) - 天授6年6月24日(1380年7月26日))(在位:延元元年8月15日(1336年9月20日)- 正平3年10月27日(1348年11月18日))は、南北朝時代の北朝第2代天皇である。
諱を豊仁(ゆたひと)という。
系譜 後伏見天皇の第2皇子。
母は、西園寺公衡の娘寧子。
宮人:藤原(正親町三条)実躬女(?-?) 皇女(長照院殿)(?-1422) - 長照院 皇女(?-?) - 法華寺長老 宮人:某氏 - 一説に三河守某女、入道大納言某養女 皇子:周尊(?-?) - 禅僧 系図 後醍醐天皇の建武の新政から離反した足利尊氏が湊川の戦いで宮方に勝利し、延元元年(1336年)に京都に入ると後醍醐天皇は比叡山延暦寺に逃走する。

持明院統(北朝) 光厳天皇 → 光明天皇 → 崇光天皇 南北朝時代前期の北朝の天皇。 賊軍の汚名を晴らしたい足利尊氏によって擁立された兄・光厳上皇の院宣により即位。在位中は兄上皇が院政を行っており、次代の崇光天皇も光厳上皇の皇子である。 (引用元 Hatena Keyword)