芸能人・経営者のおくやみ情報

後冷泉天皇(ごれいぜいてんのう)

第70代天皇[日本]

(治暦4年4月19日崩御)

(ユリウス暦) 1068年 5月22日 死去享年44歳

後冷泉天皇(ごれいぜいてんのう、万寿2年8月3日(1025年8月28日) - 治暦4年4月19日(1068年5月22日))は、日本の第70代天皇(在位:1045年 - 1068年)。
後朱雀天皇の第一皇子。
母は藤原道長女藤原嬉子(贈皇太后)。
諱を親仁(ちかひと)。
紫式部の娘大弐三位が乳母である。
万寿2年(1025年)8月3日、誕生。
2日後に生母の東宮妃嬉子が薨去。
長元9年(1036年)2月22日、親王宣下。
長暦元年(1037年) 7月2日、元服、三品に叙される。
8月17日、皇太子となる。
寛徳2年(1045年)4月8日、即位。
治暦4年(1068年)4月19日、在位のまま崩御。
宝算44。
治世下では、荘園の増加によって国家財政が危機的状態にあり、その整理が必要とされていた。
それら荘園の主たる領主が藤原頼通ら権門であった。
天皇は即位早々の寛徳2年、及び天喜3年(1055年)に荘園整理令に着手するが、結果的には権門擁護策に終わる(増加の抑制の成果については肯定的な見方もある)。