芸能人・経営者のおくやみ情報

顕宗天皇

第23代天皇[日本]

(ユリウス暦) 0487年 6月2日 死去享年歳

顕宗天皇 - ウィキペディアより引用
顕宗天皇(けんぞうてんのう、正字体:顯宗天皇、允恭天皇39年 - 顕宗天皇3年4月25日)は、記紀・『播磨国風土記』に伝えられる第23代天皇(在位:顕宗天皇元年1月1日 - 同3年4月25日)。
弘計天皇(をけのすめらみこと)・来目稚子(くめのわくご)、袁祁王・袁祁之石巣別命(をけのいわすわけのみこと、『古事記』)、袁奚天皇(『播磨国風土記』)とも。
系譜 市辺押磐皇子(履中天皇の長子)の第3子。
母は葛城蟻臣(ありのおみ)の女・荑媛(はえひめ、荑は草冠+夷)。
飯豊女王は同母姉、仁賢天皇は同母兄に当たる。
皇后:難波小野王(難波王。
丘稚子王の女、石木王の女とも)『日本書紀』に皇子女の記載なし。
『古事記』にも「子無かりき」とある。
皇居 都は近飛鳥八釣宮(ちかつあすかのやつりのみや。
現在の奈良県高市郡明日香村八釣、あるいは大阪府羽曳野市飛鳥の地か)。
『古事記』は単に「近飛鳥宮」とする。
安康天皇3年10月1日父市辺押磐皇子が雄略天皇に殺されると、兄の億計王(後の仁賢天皇)と共に逃亡して身を隠した。