芸能人・経営者のおくやみ情報

原惣右衛門

赤穂藩士、赤穂浪士四十七士[日本]

(元禄16年2月4日没)

1703年 3月20日 死去切腹享年56歳

原惣右衛門 - ウィキペディアより引用
『原元辰』より : 原 元辰(はら もととき、慶安元年(1648年)- 元禄16年2月4日(1703年3月20日))は、江戸時代前期の武士。
赤穂浪士四十七士の一人。
通称は惣右衛門(そうえもん)。
生涯 慶安元年(1648年)、米沢藩主・上杉綱勝の家臣・原定辰(馬廻り100石)の長男として誕生。
母は和田将監(小笠原家家臣)の娘。
弟に岡島常樹。
父・定辰は承応3年(1654年)頃にゆえあって上杉家を離れて浪人するが、延宝3年(1675年)、元辰は赤穂藩主・浅野長直に仕官し、後に弟の常樹も赤穂藩に仕えた。
延宝7年(1679年)、赤穂藩士・長沢六郎右衛門の娘を妻に迎え、彼女との間に4女を儲けたが、元禄5年(1692年)に妻は双生児出産のために死去したという。
後妻として水野七郎右衛門(姫路藩本多家家臣)の娘を迎えた。
元禄6年(1693年)の分限帳には250石を受けており、元禄10年(1697年)8月14日、50石加増されて都合300石、また足軽頭に就任した。