芸能人・経営者のおくやみ情報

堀部安兵衛(ほりべやすべえ)

赤穂浪士四十七士[日本]

(元禄16年2月4日没)

1703年 3月20日 死去切腹享年34歳

堀部安兵衛 - ウィキペディアより引用
『堀部武庸』より : 堀部 武庸(ほりべ たけつね、寛文10年(1670年)- 元禄16年2月4日(1703年3月20日))は、江戸時代前期の武士。
赤穂浪士四十七士の一人。
四十七士随一の剣客であり、高田馬場の決闘で名を馳せた。
吉良邸討ち入りでは江戸急進派と呼ばれる勢力のリーダー格となった。
通称の安兵衛(やすべえ/やすびょうえ)で知られる。
生涯 浪人 寛文10年(1670年)、越後国新発田藩溝口家家臣の中山弥次右衛門(200石)の長男として新発田城下外ヶ輪中山邸にて誕生した。
母は同藩士・溝口盛政の六女。
姉が3人おり、長女・ちよは夭折、次女・きんは中蒲群牛崎村の豪農の長井弥五左衛門に嫁ぎ、三女は溝口家家臣・町田新五左衛門に嫁いだ。
母は、武庸を出産した直後の同年5月に死去したため、しばらくは母方の祖母のところへ送られて、祖母を母代わりにして3歳まで育てられたが、祖母が死去すると再び父のところへ戻り、以降は男手ひとつで育てられる。