芸能人・経営者のおくやみ情報

北条基時(ほうじょうもととき)

武将、鎌倉幕府第13代執権[日本]

(元弘3年5月22日没)

(ユリウス暦) 1333年 7月4日 死去自害享年48歳

北条基時 - ウィキペディアより引用

北条 基時(ほうじょう もととき)は、鎌倉時代末期の北条氏一門の武将。
鎌倉幕府の第13代執権(在職:正和4年7月11日(1315年8月11日) - 正和5年7月9日(1316年7月28日))である。
生涯 執権就任以前 父は普恩寺流の北条時兼。
子に最後の六波羅探題北方となった北条仲時がいる。
正安3年(1301年)6月7日に六波羅探題北方として上洛する。
乾元2年(1303年)10月20日、六波羅探題職を辞職し、鎌倉に戻り評定衆に列する(評定衆になっていない説もある)。
嘉元3年(1305年)8月22日、引付衆に列する。
延慶3年(1310年)、信濃守護に任命された。
第13代執権就任 正和4年(1315年)7月11日に先代の執権であった北条煕時が病で執権職を辞任したため、後任の執権として就任した(煕時とは7代執権北条政村を曽祖父に持つ点で共通しており、血縁的にはとこの関係にあった)。

ほうじょう-もととき ?-1333鎌倉時代の武将。正安(しょうあん)3年六波羅(ろくはら)探題北方。のち引付頭人(ひきつけとうにん),信濃(しなの)守護をへて,正和(しょうわ)4年13代執権となるが,翌年辞職して出家。普恩寺殿とよばれる。元弘(げんこう)の乱では鎌倉化粧(けわい)坂をまもって新田義貞(よしさだ)軍とたたかう。正慶(しょうきょう)2=元弘3年5月22日鎌倉東勝寺で一門とともに自刃(じじん)。法名は信忍。 (引用元 コトバンク)