訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

北条宗宣

武将、鎌倉幕府第11代執権[日本]

(正和元年6月12日没)

(ユリウス暦) 1312年 7月16日 死去享年54歳

北条 宗宣(ほうじょう むねのぶ)は、鎌倉時代後期の北条氏の一門。
大仏 宗宣(おさらぎ むねのぶ)とも称される。
鎌倉幕府第11代執権(在職:応長元年10月3日(1311年11月13日) - 正和元年5月29日(1312年7月4日))。
生涯 北条宣時(大仏宣時)の子。
大仏家の総領として、弟や子らと共に、幕府の要職を歴任した。
元服時に得宗家当主の北条時宗より一字を賜り、宗宣と名乗る。
弘安9年(1286年)に引付衆、永仁5年(1297年)から六波羅探題南方に就任し、乾元元年(1302年)まで在京。
嘉元の乱においては得宗の北条貞時(第9代執権(前執権)、時宗の子)の命令で北条宗方を討った。
嘉元3年(1305年)7月22日、その戦功により連署となる。
応長元年(1311年)9月22日、執権であった北条師時の死去により、10月3日に連署から昇格して第11代執権に就任した。
貞時と対立した宗宣の執権就任は貞時がすでに病身だったためと思われる。
しかし幕政は内管領・長崎円喜に実権を握られ、政治をみることができなかった。

↑ PAGE TOP