芸能人・経営者のおくやみ情報

北条長時

武将、鎌倉幕府第6代執権[日本]

(文永元年8月21日没)

(ユリウス暦) 1264年 9月12日 死去享年35歳

北条長時 - ウィキペディアより引用
北条 長時(ほうじょう ながとき)は、鎌倉時代中期の武将。
北条氏の一門。
鎌倉幕府第6代執権(在職:康元元年11月22日(1256年12月10日) - 文永元年(1264年))である。
居所から赤橋長時(あかはし ながとき)とも称される。
家系 六波羅探題北方・連署を務めた北条重時の嫡男。
母は4代将軍藤原頼経に仕えた女房で正室の平基親(平親範の子)の娘(治部卿局)。
北条氏極楽寺流の嫡家・赤橋流の祖。
第5代執権・北条時頼とは義兄弟、第8代執権・北条時宗は甥にあたる。
生涯 重時の嫡子に 重時の次男として生まれる。
重時が六波羅探題に任命されて上洛すると長時も随伴して上洛し、父の薫陶を受けながら京都で成長した。
嫡男であった異母兄の為時は嘉禎元年(1235年)10月に疱瘡にかかって重篤になり、精神的疾患を伴う後遺症も残ったため、重時により廃嫡された。
このため、長時が嫡男とされた。
執権になるまで 宝治元年(1247年)春、北条時盛の娘と結婚する。