訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

足利義量

室町幕府第5代将軍[日本]

(応永32年2月27日没)

(ユリウス暦) 1425年 3月17日 死去享年19歳

足利 義量(あしかが よしかず)は、室町時代中期の室町幕府第5代征夷大将軍(在職:応永30年3月18日(1423年4月28日) - 応永32年2月27日(1425年3月17日))。
生涯 生まれ 父は第4代将軍・足利義持で嫡男。
母は日野資康の娘で義持の正室の日野栄子で応永14年7月24日(1407年8月27日)に生まれた。
応永24年(1417年)12月1日、義持が加冠して元服し、正五位下右近衛中将に任じられた。
義持は嫡子の義量をかなり寵愛していたようで、義持の参詣や参籠、遊覧の時にはほとんどにおいて義量は同行していたという。
将軍職就任 応永30年(1423年)1月1日、義持・義量父子は朝廷に参内し、それから畠山満家、斯波義淳、細川満元らの屋敷にそれぞれ渡御している事から、この年初から義量への将軍職譲渡への根回しが行なわれていたと推測されている。