芸能人・経営者のおくやみ情報

村田経芳

陸軍少将、男爵[日本]

(村田銃を開発)

1921年 2月9日 死去肝臓病享年83歳

村田経芳 - ウィキペディアより引用

村田 経芳(むらた つねよし、天保9年6月10日(1838年7月30日) - 大正10年(1921年)2月9日)は、薩摩藩藩士、日本陸軍軍人。
階級は陸軍少将。
栄典は従二位勲一等男爵。
通称は勇右衛門。
村田銃の開発者として知られる。
薩摩藩士・村田蘭斎(経徳)の長男として生れる。
藩随一の射撃の名手として知られ、戊辰戦争では外城一番隊長として従軍し、鳥羽・伏見の戦いなど東北各地を転戦した。
1871年に御親兵として上京し、陸軍歩兵大尉に任官する。
1875年、射撃技術と兵器研究のため、フランスなどヨーロッパに派遣される。
1877年、陸軍少佐。
陸軍戸山学校教官として銃の改良や射的技術の向上にあたり、1880年には最初の国産銃・十三年式村田銃を開発した。
陸軍省東京砲兵工廠御用掛、貴族院議員を歴任した。
1890年に陸軍少将に昇進して予備役編入となる。
1896年、戊辰戦争・西南戦争の軍功により男爵を授けられる。
1921年、肝臓病のため死去。
享年83。
墓地は、東京都台東区の谷中霊園。
逸話 射的に長じ、欧州各地の射撃競技にも出場して優勝したと伝えられる。

むらたつねよし [生]天保9(1838).6.10.薩摩,鹿児島[没]1921.2.9.東京,東京村田銃の発明者。陸軍少将。薩摩藩士村田蘭斎の子に生まれ,早くから洋式鉄砲の研究に携わった。戊辰戦争の功により大尉,西南戦争には少佐として征討軍に参加。1875年フランスに留学,近代射撃術を学び,名射手として名をあげた。製銃研究は,安政5(1858)年に藩主島津斉彬のシャープ施条銃の模造に携わったのが最初で,帰国後は東京工廠小銃製造工場に入って本格的に国産銃製造に従事した。1880年独自の村田式単発銃を完成。さらに1889年前床弾倉式連発銃を創製して,日清戦争のための小銃兵備を完成した。1896年男爵。 (引用元 コトバンク)

「村田経芳」と関連する人物(故人)