芸能人・経営者のおくやみ情報

アルフォンソ13世

スペインの国王[日本]

1931年 4月14日 死去享年54歳

アルフォンソ13世 - ウィキペディアより引用

アルフォンソ13世(スペイン語: Alfonso XIII、1886年5月17日 - 1941年2月28日)は、スペインの国王(在位:1886年5月17日 - 1931年4月14日)。
生涯 誕生 1886年5月17日11時30分、父王アルフォンソ12世の唯一の男子として生まれた。
父王はすでに崩御していたため、出生と同時に国王となった。
時の首相アントーニオ・カノバス・デル・カスティーリョは国王誕生の報を聞いて一人号泣したという。
祝砲の数は男子なら21発、女子なら15発と前もってマドリード市民にお触れが出されており、16発目の祝砲を聞いた瞬間にマドリード市民は歓喜して国王の誕生を祝った。
幼君だったため母マリア・クリスティーナ王太后が摂政を務めた。
生まれた瞬間から王座にあるアルフォンソ13世は、国外で帝王学を学んだ父アルフォンソ12世のように国外で学ぶわけにはいかず、国内で高級軍人や貴族、高位聖職者からなる教授陣から帝王学を学んだ。