芸能人・経営者のおくやみ情報

フランシスコ・フランコ 氏

軍人、政治家、総統[スペイン]

1975年 11月20日 死去享年83歳

フランシスコ・フランコ - ウィキペディアより引用

『フランシスコ・フランコ・バハモンデ』より : フランシスコ・フランコ・イ・バアモンデ(Francisco Franco y Bahamonde、1892年12月4日 - 1975年11月20日)は、スペインの軍人、スペイン軍大元帥、政治家、独裁者(総統)。
ガリシア出身。
一般には、フランシスコ・フランコ(Francisco Franco、IPA : [fɾan'θisko 'fɾaŋko])として知られる。
称号は「カウディーリョ・デ・エスパーニャ(Caudillo de España)」。
生涯 軍人として フランコは、スペイン北西部ガリシア地方の造船と海軍基地の町フェロルの軍人の子として生まれた。
出生時の洗礼名はフランシスコ・パウリーノ・エルメネヒルド・テオドゥロ(Francisco Paulino Hermenegildo Teódulo)。
1907年8月15歳の時トレドの陸軍士官学校に入学し、卒業は18歳で少尉となった。
母を人生の師としていた。
20歳の時、頑強な独立運動が展開されていたスペインの植民地モロッコに派遣され、この地で以後5年間、ベルベル人の独立を求める反乱(第三次リーフ戦争を参照)の鎮圧に当たった。

フランシスコ・フランコ・イ・バアモンデ(Francisco Franco y Bahamonde、1892年12月4日 - 1975年11月20日) スペインの軍人、政治家、独裁者(総統)。ガリシア出身。 (引用元 Hatena Keyword)