訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

若井伸之 氏(わかいのぶゆき)

オートバイレーサー[日本]

1993年 5月1日 死去事故享年25歳

若井伸之 - ウィキペディアより引用
若井 伸之(わかい のぶゆき、1967年7月25日 - 1993年5月1日)は、千葉県八千代市出身の日本のオートバイレーサー。
かつてロードレース世界選手権(WGP)の125ccクラス・250ccクラスに参戦していた。
細身で長身な体格と、その長い手足を折り畳むライディングスタイルから「フラミンゴ」の愛称で親しまれた。
1990年に全日本ロードレース選手権でランキング2位となった若井は、翌1991年から坂田和人・上田昇(当初はスポット参戦)とともにWGP・125ccクラスにフル参戦を開始。
他の2人とともに、プライベート日本人ライダーの先駆者となった。
当初はなかなか結果を残せずにいたが、最終戦マレーシアGPでは、トップ争いの末3位表彰台を獲得。
翌1992年開幕戦日本GPでも、雨の中地元で3位に入るなど、結果を残すようになる。
またドイツGPでは、怪我により欠場したウィルコ・ズィーレンベルグの代役として、スズキから250ccクラスにスポット参戦、7位入賞を果たしている。