芸能人・経営者のおくやみ情報

釧雲泉(くしろうんぜん)

画家[日本]

(文化8年11月16日没)

1811年 12月31日 死去享年53歳

釧 雲泉(くしろ うんぜん、宝暦9年(1759年) - 文化 (元号) 文化8年11月16日 (旧暦) 11月16日(1811年12月31日))は、江戸時代後期の文人画 文人画家である。
旅に生き、日本酒 酒をこよなく愛した孤高の画聖として知られる。

号 (称号) 号の雲泉は雲仙岳に因んだ。
名前 名を就(じゅ)、字を仲孚(ちゅうふ)、通称 文平、別号に、魯堂(ろどう)、岱岳(たいがく)、六石(ろくせき)、磊落居士(らいらいこじ)などがある。

宝暦9年 島原藩士の子として肥前国 肥前島原半島 島原(長崎県千々石町)の野田名寺の付近に生まれる。

幼少より絵を好み、いつも神社の大きな石(雲泉の手習い石)に泥を塗って竹箆で絵を描いては衣服を汚して帰ったという逸話が残っている。