訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ジュゼッペ・メアッツァ 氏

ミラノ出身のサッカー選手[イタリア]

1979年 8月23日 死去享年69歳

ジュゼッペ・メアッツァ - ウィキペディアより引用
ジュゼッペ・メアッツァ(Giuseppe Meazza、イタリア語発音: [d͡ʒuˈzɛppe meˈatt͡sa]、1910年8月23日 - 1979年8月21日)は、イタリア・ミラノ出身のサッカー選手。
愛称は“ペッピーノ(Peppino)”、“バリッラ(il Balilla)”。
ポジションはフォワード(ツーバック・システムにおけるインサイド・レフト/ライト)。
20世紀前半のイタリア・セリエAで活躍し、インテル、ACミラン、ユヴェントスのイタリア3大チームを渡り歩いた稀有な選手の一人。
特にメアッツァ自身がプロデビューを果たしたインテルでは、同チームの第一期黄金時代の中心的役割を担い、1927年から1940年に渡る最初の在籍13シーズン中、3回の得点王を獲得して2回の優勝と1回のコッパ・イタリア制覇に貢献した。
またイタリア代表としても1934年と1938年のワールドカップ連覇を果たしたアッズーリの主力だった事から、イタリア史上最高の選手(もしくはイタリア史上最高のストライカー)として現在も語り継がれる伝説的選手であり、インテルとACミランのホームであるスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァにその名を残している。

↑ PAGE TOP