芸能人・経営者のおくやみ情報

李鴻章

政治家、下関条約の清国全権大使[清]

1901年 11月7日 死去享年歳

李鴻章 - ウィキペディアより引用

李 鴻章(り こうしょう、リ・ホンチャン、拼音: Lǐ Hóngzhāng、1823年2月15日(道光3年1月5日) - 1901年11月7日(光緒27年9月27日))は、中国清代の政治家。
字は少荃(しょうせん)。
洋務運動を推進し清後期の外交を担い、清朝の建て直しに尽力した。
日清戦争の講和条約である下関条約で清側の欽差大臣(全権大使)となり、調印を行ったことでも知られる。
生涯 曽国藩期待の弟子 道光3年1月5日(1823年2月15日)、安徽省合肥出身で名士李文安の次男として生まれた。
兄に李瀚章、弟に李鶴章、李薀章、李鳳章、李昭慶がいる。
士大夫の家系であり父が進士だったことから、幼少期から一族の期待を背負い勉強に励み、道光20年(1840年)に科挙一次試験に合格、4年後の道光24年(1844年)に二次試験の郷試も合格した。
更に父の友人だった曽国藩の門下生となり勉強に一層励み、道光27年(1847年)の会試も合格し進士となる(同期には沈葆楨がいる)。

1823年2月15日〜1901年11月7日 中国清代の政治家。字は少荃。太平天国の乱鎮圧の功績や日清戦争の講和条約である下関条約では清国の全権大使なって調印を行ったことなどで有名。 (引用元 Hatena Keyword)