訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ウンベルト1世

イタリア王国第2代国王[イタリア]

1900年 7月29日 死去暗殺享年56歳

ウンベルト1世 - ウィキペディアより引用
ウンベルト1世(Umberto I, 1844年3月14日 - 1900年7月29日)は、イタリア王国の第2代国王(在位:1878年1月9日 - 1900年7月29日)。
父はイタリア王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世。
母は神聖ローマ皇帝レオポルト2世の孫娘で、ロンバルト=ヴェネト副王ラニエーリの娘マリーア・アデライデ・ダズブルゴ=ロレーナ。
アオスタ公爵で一時スペイン王となるアメデーオ(アマデオ)、ポルトガル王妃マリア・ピア・デ・サボイアらは兄弟姉妹にあたる。
また王妃であるマルゲリータ・ディ・サヴォイア=ジェノヴァは同族の従妹である。
王として立憲君主制を尊重した議会政治を支持していたが、アナーキストのガエタノ・ブレーシによりパレード中に暗殺される。
即位まで ウンベルトは当時サルデーニャ=ピエモンテ王であったヴィットーリオ・エマヌエーレ2世と、ロンバルド=ヴェネト王国(オーストリア帝国の構成国)の副王ラニエーリ大公の次女マリーア・アデライデの長男としてトリノに生まれる。
題名
愛の徴 -天国の方角 (講談社ノベルス)
著者
近本洋一
発売元
講談社
発売日
2013-08-07
新品価格
¥ 18,239 より
中古商品
¥ 167 より

↑ PAGE TOP