訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

サムエル・ワンジル 氏

マラソンランナー[ケニア]

(北京五輪金メダル)

2011年 5月15日 死去享年24歳

サムエル・ワンジル - ウィキペディアより引用
サムエル・カマウ・ワンジル(Samuel Kamau Wanjiru, 1986年11月10日 - 2011年5月15日)は、ケニア出身の男子陸上競技選手(長距離種目)。
北京オリンピック男子マラソン金メダリストで、ハーフマラソンの元世界記録保持者でもある。
日本の高校へ留学し、日本における陸上競技選手としても活躍した。
マラソンではスプリントの切れ味で決着をつけるタイプではなく、長いスパートを自ら仕掛けてレースを動かし主導権を握るのが得意なスタイルだった。
生涯 生い立ち ワンジルは1986年にケニア中央州ニャフルル市のオルカラウ町にキクユ族の子として生まれた。
幼い頃に両親が離別したため、母のハンナ・ワンジル(Hannah Wanjiru)と弟のシモン・ジョロゲ(Simon Njoroge)との3人暮らしであった。
子供の頃から走ることが大好きで、標高2000m超の自宅環境により心肺能力は自然と鍛えられた。
6歳になって自宅から30km離れたギドゥングリ小学校(Githunguri Primary School)に入学。

「サムエル・ワンジル」と関連する人物(故人)