芸能人・経営者のおくやみ情報

有光教一 氏

京都大学名誉教授・朝鮮考古学[日本]

2011年 5月11日 死去膿胸享年103歳

有光 教一氏(ありみつ・きょういち=京大名誉教授・朝鮮考古学)11日午後0時25分、膿胸のため大阪府高槻市の介護施設で死去、103歳。山口県出身。自宅は京都府大山崎町円明寺西法寺1の14の4棟204号。葬儀は近親者のみで行う。喪主は長男一登(かずと)氏。 戦前、朝鮮半島の古墳発掘調査を行い、朝鮮総督府博物館主任も務めた。80〜84年には奈良県立橿原考古学研究所所長を務め、89年から高麗美術館研究所所長。(2011/05/11-19:30)

ありみつ-きょういち 1907-2011昭和-平成時代の考古学者。明治40年11月10日生まれ。昭和6年東方文化研究所にはいり,朝鮮総督府の嘱託として朝鮮半島の古墳を発掘調査。16年から終戦まで朝鮮総督府博物館主任をつとめる。32年京大教授。55年奈良県立橿原考古学研究所長。平成23年5月11日死去。103歳。福岡県出身。京都帝大卒。著作に「半島と大洋の遺跡」「朝鮮櫛目文土器の研究」など。 (引用元 コトバンク)