芸能人・経営者のおくやみ情報

八重樫茂生 氏(やえがししげお)

元男子サッカー選手、監督[日本]

2011年 5月2日 死去脳梗塞享年79歳

八重樫 茂生(やえがし しげお、旧名:茂夫、1933年3月24日 - 2011年5月2日)は岩手県和賀郡東和町(現・花巻市)出身(朝鮮・大田生まれ)の元サッカー選手(FW、MF)・監督。
「伝説のキャプテン」。
盛岡一高時代は工藤孝一の指導を受け、1951年の全国高等学校サッカー選手権大会に東北代表として出場。
FWでプレーしたが、1回戦で高知農業に敗退。
同年5月の天皇杯では盛岡サッカークラブのメンバーとして参加し、こちらも1回戦で敗退。
高校卒業後の1952年に中央大学へ進学し、同年の関東大学サッカーリーグで新人王を獲得。
その後は工藤が監督を務める早稲田大学に編入し、関東大学リーグ優勝3回・東西学生王座決定戦2回・大学選手権優勝1回に貢献。
当時学生ナンバーワンと言われた早大の原動力となり、在学中に日本代表入り。
1956年のメルボルンオリンピックに出場した。
卒業後の1958年に古河電気工業へ入社し、サッカー部の黄金時代を築く。
1960年に西ドイツ・デュイスブルクのスポーツシューレでデットマール・クラマーに会い、初めて指導を受ける。

八重樫 茂生氏(やえがし・しげお=元サッカー日本代表選手、68年メキシコ五輪代表主将)2日午後1時10分、脳梗塞のため東京都多摩市の病院で死去、78歳。岩手県出身。葬儀は6日午前10時半から多摩市豊ケ丘1の51の2の吉祥院アバホールで。喪主は長男幹夫(みきお)氏。 盛岡一高から中大を経て早大に編入。卒業後は古河電工へ進みサッカー選手として活躍した。日本代表としては56年メルボルン、64年東京、68年メキシコの五輪3大会に出場。メキシコ大会では主将を務め、精神的支柱として銅メダル獲得に貢献した。国際Aマッチでは通算44試合に出場して11得点。引退後は富士通の監督などを務め、05年に日本サッカー殿堂入りした。 (2011/05/03-22:39)

元サッカー選手・監督。旧名「茂夫」。 1933年3月24日、韓国・大田市生まれ岩手県出身。 県立盛岡第一高校から中央大学に進学し、関東大学リーグ新人王を獲得。その後、工藤孝一が監督を務める早稲田大学に編入。 卒業後、古河電気工業(後のジェフ市原)入社。JSLでは、51試合出場14得点。年間優秀11人賞3回。1963年度年間最優秀選手賞受賞。 早大在学中に全日本入りし、メルボルンオリンピックに出場。その後も、東京・メキシコと3大会出場。メキシコオリンピックではキャプテンを務め、銅メダルに貢献。国際Aマッチ44試合出場11得点。 1967年からは古河電工の選手兼任監督。 1969年現役引退。 1970年、ユース日本代表監督、1977年富士通(現川崎フロンターレ)の監督に就任。 1978年に一度退任。 1985年から1988年まで再び富士通の監督。 Jリーグ発足時にジェフ市原(現 ジェフ千葉)の育成部長に就任。 2005年、日本サッカー殿堂入り。 2011年5月2日、死去。78歳だった。 ○ (引用元 Hatena Keyword)