訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

八重樫茂生 氏(やえがししげお)

元男子サッカー選手、監督[日本]

2011年 5月2日 死去脳梗塞享年79歳

八重樫 茂生(やえがし しげお、旧名:茂夫、1933年3月24日 - 2011年5月2日)は岩手県和賀郡東和町(現・花巻市)出身(朝鮮・大田生まれ)の元サッカー選手(FW、MF)・監督。
「伝説のキャプテン」。
盛岡一高時代は工藤孝一の指導を受け、1951年の全国高等学校サッカー選手権大会に東北代表として出場。
FWでプレーしたが、1回戦で高知農業に敗退。
同年5月の天皇杯では盛岡サッカークラブのメンバーとして参加し、こちらも1回戦で敗退。
高校卒業後の1952年に中央大学へ進学し、同年の関東大学サッカーリーグで新人王を獲得。
その後は工藤が監督を務める早稲田大学に編入し、関東大学リーグ優勝3回・東西学生王座決定戦2回・大学選手権優勝1回に貢献。
当時学生ナンバーワンと言われた早大の原動力となり、在学中に日本代表入り。
1956年のメルボルンオリンピックに出場した。
卒業後の1958年に古河電気工業へ入社し、サッカー部の黄金時代を築く。
1960年に西ドイツ・デュイスブルクのスポーツシューレでデットマール・クラマーに会い、初めて指導を受ける。

八重樫 茂生氏(やえがし・しげお=元サッカー日本代表選手、68年メキシコ五輪代表主将)2日午後1時10分、脳梗塞のため東京都多摩市の病院で死去、78歳。岩手県出身。葬儀は6日午前10時半から多摩市豊ケ丘1の51の2の吉祥院アバホールで。喪主は長男幹夫(みきお)氏。 盛岡一高から中大を経て早大に編入。卒業後は古河電工へ進みサッカー選手として活躍した。日本代表としては56年メルボルン、64年東京、68年メキシコの五輪3大会に出場。メキシコ大会では主将を務め、精神的支柱として銅メダル獲得に貢献した。国際Aマッチでは通算44試合に出場して11得点。引退後は富士通の監督などを務め、05年に日本サッカー殿堂入りした。 (2011/05/03-22:39)

題名
サッカーと対峙した男 八重樫茂生
著者
加藤栄次
発売元
三一書房
発売日
1998-06
新品価格
より
中古商品
¥ 291 より
題名
サッカー―少年チームから一流選手まで (講談社スポーツシリーズ)
著者
八重樫茂生
発売元
講談社
発売日
1975-07
新品価格
より
中古商品
¥ 557 より
題名
サッカー (カラーブックス―スポーツのみかた (660))
著者
八重樫茂生
発売元
保育社
発売日
1984-10
新品価格
より
中古商品
¥ 267 より
題名
サッカー―少年チームから一流選手まで (1968年)
著者
八重樫茂生
発売元
講談社
発売日
1968
新品価格
より
中古商品
¥ 8,989 より
題名
サッカー―少年チームから一流選手まで (1975年) (講談社スポーツシリーズ)
著者
八重樫茂生
発売元
講談社
発売日
1975
新品価格
より
中古商品
より

↑ PAGE TOP