訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

国司信濃

長州藩士、家老[日本]

(元治元年11月12日没)

1864年 12月10日 死去切腹享年22歳

国司信濃 - ウィキペディアより引用
『国司親相』より : 国司 親相(くにし ちかすけ、天保13年6月15日(1842年7月22日)- 元治元年11月12日(1864年12月10日))は、江戸時代末期(幕末期)の武士。
長州藩の家老。
初名、朝相(ともすけ)。
通称は熊之助。
国司信濃(しなの)の名で知られる。
養子に国司純行。
妻は弥佐。
生涯 天保13年(1842年)、寄組藩士・高洲元忠(たかす もとただ)の次男として生まれる。
幼名丑之介、徳蔵、熊之助とも称し、後に信濃、朝相と改め、毛利慶親(後の毛利敬親)より一字を賜り、親相と改めた。
6歳の頃、同じく寄組藩士5600石の国司迪徳(みちのり、通称は亀之助、将監)の養嗣子となり、弘化4年(1847年)に家督を継いで大組頭となった。
家柄も然ることながら、親相は若い頃から聡明だったため、次第に頭角を現してゆき、文久3年(1863年)には長井雅楽の切腹検視役正使を務めている。
嘉永6年(1853年)、アメリカ合衆国のマシュー・ペリーが浦賀に来航して以来、日本では尊王攘夷論が高まり国内騒然し、文久3年5月10日、親相は久坂玄瑞らと共にアメリカ船ペングローブ号を砲撃し、下関海峡を封鎖、朝廷からも褒勅の沙汰を賜わった。

「国司信濃」と関連する人物(故人)