訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

岸田衿子 氏

詩人児童文学作家[日本]

(岸田今日子の姉)

2011年 4月7日 死去髄膜腫享年82歳

岸田衿子 - ウィキペディアより引用
岸田 衿子(きしだ えりこ、1929年1月5日 - 2011年4月7日)は、日本の詩人・童話作家。
『櫂』同人。
来歴・人物 劇作家岸田国士の長女として東京府(現・東京都杉並区)に生まれる。
妹は女優の岸田今日子。
従弟に俳優の岸田森がいる。
立教女学院小学校、立教女学院女学校、東京芸術大学油絵科卒業。
画家を志すも肺病を患い詩人になる。
1954年10月4日、谷川俊太郎と結婚。
1956年10月、谷川と離婚。
1963年、田村隆一と結婚。
1969年7月、田村と離婚。
生前は群馬県浅間山麓に居を構えた。
岸田自身は大人向けの文章を書くことはほとんどなかったものの、20代から一貫して幼児向けの絵本、またその翻訳や詩作等を中心とした活動を行った。
『かばくん』など、親友である中谷千代子との挿絵の絵本が多い。
テレビアニメーション『世界名作劇場』(フジテレビ)で放映された『アルプスの少女ハイジ』『フランダースの犬』『あらいぐまラスカル』『赤毛のアン』の4作品の主題歌の作詞を手掛けた。

岸田衿子さん(きしだ・えりこ=詩人、童話作家)7日午前9時35分ごろ、髄膜腫のため神奈川県小田原市の病院で死去、82歳。東京都出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は長男未知(みち)氏。 劇作家岸田国士の長女で、女優の岸田今日子は妹。東京芸大油絵科卒。結核のため画業を断念、療養中に詩を書き始めた。55年に発表した詩集「忘れた秋」が評価される。他に「あかるい日の歌」「ソナチネの木」など。絵本には「かばくん」「ジオジオのかんむり」があり、人気アニメ「アルプスの少女ハイジ」「フランダースの犬」の主題歌の歌詞も手掛けた。 (2011/04/13-12:08)