芸能人・経営者のおくやみ情報

与那嶺要 氏(よなみねかなめ)

プロ野球選手、中日監督[日本]

2011年 2月28日 死去前立腺がん享年87歳

与那嶺要 - ウィキペディアより引用

与那嶺 要(よなみね かなめ、本名: ウォレス・カナメ・"ウォーリー"・ヨナミネ(Wallace Ka

  • 題名
    野球を変えた男
    著者
    ウォーリー与那嶺
    発売元
    ベースボールマガジン社
    発売日
    1992-02
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 1,093 より

Wally Kaname Yonamine ウォーリー・カナメ・ヨナミネ。 通称「ウォーリー与那嶺」。 NFL、サンフランシスコ・49ersの選手。プロ野球選手・監督。 左投左打、ポジションは外野手。背番号は7→37番。 1925年6月24日生まれ。アメリカ合衆国ハワイ州マウイ島出身の日系2世。 フェリントン・ハイスクールから1947年、アメリカンフットボールのNFLサンフランシスコ・フォーティナイナーズに入団。 しかし、怪我に見舞われ、1950年に野球に転向、3Aのサンフランシスコ・シールズに入団。 1951年、シーズン途中、読売ジャイアンツに来日・入団。規定打席不足ながら打率3割を記録。 1952年から1960年まで規定打席に達し首位打者3回、MVP1回など大活躍。第2期ジャイアンツ黄金時代を支えた。千葉茂とのコンビは当時球界屈指の1・2番だった。 1961年、中日ドラゴンズに移籍。 1962年、現役引退。 1963年、中日ドラゴンズの打撃コーチに就任。 1967年、東京オリオンズの打撃コーチに転じる。 1970年、中日ドラゴンズのヘッドコーチに就任。 1972年、中日ドラゴンズの監督に昇格。 1974年、高木守道、星野仙一らを擁して古巣ジャイアンツのV10を阻止、チームを20年ぶりのセ・リーグ優勝に導く。 1977年、近藤貞雄に後を任せ、退団。 1978年、読売ジャイアンツ、1981年、南海ホークス、1983年、西武ライオンズの打撃コーチを歴任。 1985年から1988年まで、日本ハム・ファイターズのヘッドコーチを務めた。 1994年、野球殿堂入り。 2004年にはMLBで始球式を行った。 2006年、マスターズリーグ・名古屋エイティディザーズのコーチに就任。 2011年2月28日、ハ …… (引用元 Hatena Keyword)