訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

見沢知廉 氏

作家、活動家[日本]

2005年 9月7日 死去自殺享年47歳

見沢 知廉(みさわ ちれん、1959年8月23日 - 2005年9月7日)は、日本の新右翼活動家、作家。
元一水会相談役。
元統一戦線義勇軍総裁。
本名は高橋 哲夫(たかはし てつお)。
旧姓は平井。
生い立ち 1959年、東京都文京区千駄木に2人兄弟の長男として生まれる。
父は芸能プロダクション経営者。
母はもともと宝塚志望だったが厳格な父親に禁じられて断念。
このため、母は息子に自らの夢を託し、幼い哲夫を劇団ひまわりや劇団若草などの児童劇団に通わせた。
小学生の時は表向きおとなしい優等生で、日本進学教室や四谷大塚に通って受験勉強に励み、その傍らでヒトラーの『わが闘争』やドストエフスキーの『罪と罰』を耽読した。
母方の祖父に倣って将来は早稲田大学に入れたいとの母の希望により、早稲田中学校に入学。
中学時代、父の経営する会社が倒産して一家離散し、両親が離婚して母に引き取られ、高橋に改姓。
中学3年の時、右翼組織の活動を手伝うようになるが、右翼に失望し、反体制の思想が芽生え始める。

「見沢知廉」と関連する人物(故人)