芸能人・経営者のおくやみ情報

ゲイリー・ムーア 氏

ミュージシャン、ロックギタリスト[イギリス]

2011年 2月6日 死去享年58歳

ゲイリー・ムーア - ウィキペディアより引用

ゲイリー・ムーア(Robert William Gary Moore, 1952年4月4日 - 2011年2月6日)は、北アイルランド出身のロック・ギタリスト、歌手、作曲家。
1974年のシン・リジィ参加で有名になり、以降1980年代はヘヴィメタル、フュージョン等を中心に、1990年代以降はブルースを軸に活躍。
ベルファストに生まれる。
父親は地元で有名なプロモーターでクラブの経営などに携わっていた。
小学生の頃ピアノを習い始めるが教師と合わず挫折。
10歳の頃にギターを始める。
当初はシャドウズのコピーに明け暮れるが、やがてジェフ・ベック、エリック・クラプトン、さらにジミ・ヘンドリックスなどの影響を受け始める。
特にピーター・グリーンからは強い衝撃を受け、プロギタリストになる決意を固める。
スキッド・ロウ時代 1966年、The Beat Boysなるグループで、父親の経営するクラブにレギュラー出演する。
当時14歳。
1968年、交通事故で演奏ができなくなったギタリストの代役として、ベルファストのアマチュア・グループ、ザ・メソッドに加入。

Gary Moore, ミュージシャン・ギタリスト。 1952年4月4日、北アイルランド・ベルファースト生まれ。 60年代末より、スキッド・ロウ、シン・リジィ、コロシアムIIなどでの活動を経て、 80年代よりソロアーティストとして活躍。 1986年には本田美奈子のシングル「The Cross(愛の十字架)」を提供、本人もギターで 参加した他、この曲のセルフカヴァー「クライング・イン・ザ・シャドウ」を日本のみでシングル発売している。 2011年2月7日、スペイン滞在中急死。 (引用元 Hatena Keyword)