訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

松岡利勝 氏

安倍内閣の農林水産大臣[日本]

2007年 5月28日 死去自殺享年62歳

松岡利勝 - ウィキペディアより引用
松岡 利勝(まつおか としかつ、1945年2月25日 - 2007年5月28日)は、日本の農水官僚、政治家。
元衆議院議員(自由民主党)。
第1次安倍内閣農林水産大臣在任中に自殺した。
来歴・人物 生い立ち 熊本県阿蘇町(現阿蘇市)に貧しい農家の長男として生まれた。
父は日中戦争中、満州で憲兵をしていた。
日本に戻ってからは定職を持たず林業ブローカーのような仕事で糊口を凌ぎ、時には酔って妻(松岡の母親)に手を上げることもあったという。
非常に厳格な人物だったが、気に入らないことがあると怒鳴り散らすなど気性の荒いところもあり、周囲から怖れられた。
学生時代 中学卒業後熊本県立済々黌高等学校に進学し、空手部に入部。
親元を離れて下宿生活を送る。
2年生の時の修学旅行で東京を訪れた際に、単身で赤尾敏(大日本愛国党元総裁)を訪ね、活動への参加を志願している。
結果は断られたものの、右翼思想への傾倒は松岡にとって大きな転機になった。
防衛大学校を目指すが失敗し、2浪ののち鳥取大学農学部林学科に進学する。
題名
松岡利勝と「美しい日本」
著者
長谷川熙
発売元
朝日新聞社
発売日
2007-07-20
新品価格
より
中古商品
¥ 8 より

↑ PAGE TOP